webデザインのトレンド③:パララックス

webデザインのトレンド③:パララックス

webデザインのトレンドの中で古くから用いられており、非常に視覚効果の高いものにパララックスがあります。これはデザインを効果的にスクロールさせることで、その表現をより豊かに見せることができるほか、閲覧者の興味を引きつけ滞留時間を長くすると言うSEO効果も生み出すものと注目されています。そのため従来はこのパララックスがwebデザイン トレンドの中では主流となった時期もありましたが、現在ではその他の手法に押されて、その数は非常に少なくなりました。その理由には、近年のその他のデザインに比べ見にくいと言う印象を与えることや、パララックス サイトの動きが非常に重く、その間にユーザが離れてしまうといった問題を生じやすいと言う点があります。

パララックスアニメーションは複雑なデザインをスクロールさせる動きとなっており、そのためその処理量が非常に大きくなりデータ量も大きくなると言う欠点を持っています。近年ではスマートフォンでホームページを閲覧すると言うユーザも多く、その場合には処理能力が足りないために効果的な表現をすることができなかったり、ページの読み込みに時間がかかるなど閲覧上の問題が生じることも少なくありませんでした。またホームページデザインの面でも横にスクロールするパララックスのデザインを効果的に利用するコンテンツを生み出すことが難しいことなどがあり、ホームページ レイアウトを作成する際に苦慮することが多かったためです。

近年のweb ページ デザインは従来とは異なり、様々な通信インフラの状態を考慮しできるだけデータ量の少ない形で効果的な表現をすることが重要なポイントとなります。パララックス サイトはこの点では不利な状況にあり、美しいデザインを実現することができてもその起動時間が遅いのでは意味がないと考えられることが多いため、特にスマートフォンユーザはこれらのページをアクセスしないと言うケースも少なくありません。またデータ量を削減するためにテキスト表現に限定し、せっかくのパララックスアニメーションを閲覧しないと言う現象が発生しています。

しかしその美しい表現は様々なホームページの内容をより効果的にアピールする上では有効なものであり、近年また再度注目されるようになってきました。近年ではデータ量を少なくし効果的なCGなどを利用した新しいパララックスが注目を集めており、非常に効果的な手法となっているのが特徴です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。