webデザインのトレンド①:3Dイラスト

webデザインのトレンド①:3Dイラスト

webデザイン トレンドはその時の状況によって変わり、例えばトップページにFlashなどで動的な要素を組み込むことが流行した時もあります。しかしトレンドは移り変わりやすいものであり、またFlashは現在アプリソフトウェアや保存形式でも使われていません。その後はカラム分けによる固定デザインが定着しており、情報量の多いページでは3カラムでモバイルファーストは1カラムなど、ターゲット層によって構造体が変化しております。

webデザインのトレンド①:3Dイラスト

2022に流行しているのは3Dイラストを使ったページをキャラクター造形とリンクさせる方式で、架空のキャラクターを使い動画配信をしたりインターネット初のキャラクターが人気になり、グッズ販売で少なくない売り上げを記録することも珍しくありません。画像ソフトの進化とパソコンやスマートフォンに使われるCPUの処理速度の加速により、3Dイラストのようなデーターを遅延なく表示することも可能になりました。今後は3Dイラストを組み合わせたスタイルで、新たなサイト運営が続々と誕生することが予測されております。

ECサイトの2022年のトレンドは、企業から個人向けの消費だけではなく企業間の取引だと言われております。仕入れや販売のプラットフォームを整えることで、世界中の企業がインターネットを通じてビジネスが行えるようになっているのです。よりリアルに追従するような仕組みを提案し、ビジネスチャンスを実現してゆくことで先行シェアを獲得出来るようになります。待ちのECではなく具体的な提案や、またワンクリックで翻訳されたカタログやサンプルの送付が世界間で行えるようなシステムを構築することが、グローバルスタンダードコンセプトになっているのです。動画や3Dイラスト使ったデザインもWEB上でのイメージに寄与してくれるために、積極的に使われている状況になります。

3Dイラスト

これからwebデザイン 初心者がトレンドを学んでゆくには、日本よりも進んでいる欧米のBtoBサイトをチェックしてゆくのがおすすめです。参考サイトを探してトレンドをチェックすることは、デザイナー職の日課になります。ナショナルITブランド企業の動向をチェックしたり、ビジネス界の新製品にもアンテナを張っておかなければなりません。SNSなどでチェックしたり人気の製品を実際に手に取って購入することも、デザイナーの勉強になります。3Dイラストの作り方をチェックし、実際に製作して動かしてみることも必要です。引き出しは多いほどデザイナー職では対応力が上がることになります。

Cha Cha Kyotoではこういった最新のデザインのトレンドもしっかり熟慮し、企業様に最適な形でのWebデザインサービスも提供しております。ご要望やご予算のヒアリングから始まり、その後はWebマーケティング、プロダクト(デザイン・システム)、運用の具体案をご提案させて頂き、年間ロードマップとお見積りの具体的なご提案なども提供可能です。まずは、お気軽にお問い合わせください。