オンラインショップでの商品価格設定

“ウェブデザインを考える上で、オンラインショップで取り扱う商品の価格設定というのは重要なポイントとなります。専門知識も特に必要なく、だれでもショップを作ることが出来るというメリットがある反面、ショップの開設は簡単だとしても運営していくとなると難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。

売り上げが思うように上がらないと思っているのであれば、第一に商品価格の設定に課題がある可能性が考えられます。ユーザーは様々な検索ツールを使って、せっかくサイトを訪れてくれたわけですし、その価格設定次第ではほかのサイトよりも先に訪問してくれる可能性も有ります。

いくつかポイントがありますので、そのポイントを抑えたうえで価格設定を見直す事をお勧めします。第一にコスト志向型の価格設定です。製造コストが1000円の場合、市場のニーズであったり競合との価格差を組み込んだ上で30パーセントの利益を見込むべく、1300円に設定する方法です。この中に人件費や商品の管理や営業利益を入ります。

需要価格設定は、販売したい商品を消費者がどれぐらいの需要があるかという事を加味して価格を設定する方法です。販売するターゲットの年齢層であったり男性向けなのか女性向けなのか、また商品のブランド価値なども入れていきます。ターゲット事に活用できる価格設定です。

競合調査をしたうえで価格設定をすることも重要なポイントです。同じような商品を取り扱うサイト、またフリマサイトなども来訪したうえで、どれぐらいの価格がつけられているかを調査し、それに合わせた価格設定を行います。利益を損ねない程度の値下げを行う事で、競合よりも購入してもらえる可能性が高くなります。然しリスクとしては、競争が激化すると価格がかなり下がってしまう事が想定されることがあげられます。市場よりも明らかな低価格設定になると、独占禁止法に引っかかる可能性が出てきますので要注意です。

最後に、心理的なテクニックを使った価格設定です。例えば1000円といわれるのと、980円といわれるのでは印象が全く異なります。利益率はそこまで変わらないのに、消費者としてみると一桁違うというのは購買意欲を掻き立てる事にもつながります。

価値にニーズがあるブランド品の場合は、逆に値下げをしてしまうとその価値が下がってしまうという事で、値下げをしない方が売れる可能性も有ります。

こういったポイントを抑えて価格設定をしていきましょう。”