オンラインショップトップページのデザインを設計する際の流れ

“オンラインショップを経営していく時に重要となるのが、そのデザインです。サイトをデザインすることはウェブデザインとも呼ばれますが、この良し悪しが売上にも直結するものといえ、いくら費用が抑えられるからといってデザインをないがしろにしてはいけません。

オンラインショップのウェブデザインは実際のお店をデザインするのと同じものといえ、ものが売れるデザインを目指すことが大事です。基本的な点としては、わかりやすいこと、買う気を高めること、ほしいと思うことなどで、これらは同時におしゃれやかっこいい、きれいといった印象も同時に与えることができます。もちろん、オンラインショップの種類によっても変わってくるものですが、いずれにしても利用しやすいものでなければ、簡単には物は売れませんし、良い印象を与えることでその時には購入はしなくても次回に購入してくれる可能性を高めることができるものです。

ウェブデザインを設計するさいには、トップページがメインですから、トップページから作っていくことになります。実際のところ商品点数が少なければトップページ1枚だけでも十分です。下手にページ数を増やすと返って混乱を招くことにもなります。また、利用者が求める情報にすぐにアクセスできるものにすることも大事です。設計するさいの流れとしては、まずは販売するものを整理することで、販売する商品についての情報を提供する度合いについても考えて置かなければなりません。例えば写真を多く展示すればそれらを表示させる方法について予め考えておく必要がありますし、アパレルのように違うサイズのものを選ぶような場合にも、そのデザインを考えておく必要があります。

必要な情報を集め、それを洗い出して整理することが良いオンラインショップを作る上では欠かせないもので、その上で優先順位を付けることやツリーマップを作ります。また利用しやすさを考慮すれば回遊しやすいサイト行動にすることも大事で、そのような考え方をもとにして実際にレイアウトを作ります。レイアウトでは、あくまでも図上で見るものですが、手探りで作るのではなく図面を作りしっかりとした設計をすることがコーディングでのトラブルを軽減させることができます。またトップページをデザインする上で気をつけなければならないのが、ファーストビューと呼ばれる最初の画面に表示され見える範囲です。このファーストビューの良し悪しがオンラインショップのウェブデザインを印象づけるのに重要な役割を果たします。”