自分でオンラインショップを構築する:カスタマーと連絡を取る方法

eショップ オンラインショップ

自らオンラインショップを構築するなら、カスタマーとの連絡方法を含めて検討したり、設計を行うことが大切だといえます。オンラインショップ運営者にとって、カスタマーと連絡を取る方法は重要性が高く、無視したり軽視すらできないポイントです。用意する連絡先や設置を行う場所、連絡の取り方といった動線まで考えることが重要です。

設計はウェブサイトビルダーを使えば簡単にできますし、試行錯誤や微調整も容易ですから、アイデアを形にする段階から活用し始められます。連絡方法を構築する上で大切なのは、カスタマー目線で動線を確認したり、使い勝手を重視した設計をすることです。カスタマー目線を無視すると、独りよがりになりかねませんから、必ずカスタマーの視点でシミュレーションを行いましょう。オンラインショップを構築する基本的なポイントとしては、各機能をいかにしてバランス良く盛り込むかにあります。

ウェブサイトビルダーを使うのであれば、いくつかのパターンを用意して比較検討するのがおすすめです。できればカスタマーとのやり取りをしてみて、問題点がないかチェックすることが理想的だといえるでしょう。実践しないと分からないことはありますし、設計や構築段階では気がつけないことも少なくないです。だからこそ、特に重要なカスタマーとの接点は念には念を入れて、隙なくしっかりと仕上げることが肝心です。

カスタマーサポートの定番といえば、カスタマーセンターを設けて問い合わせを待つ方法です。カスタマーセンターの構築やオペレーターの用意は欠かせませんが、その分スピーディーかつ柔軟な対応が行えます。ただし、個人や小規模だと専門のオペレーターを配置するのは難しく、コスト的にも非現実的となります。

多くのオンラインショップは、仕入れに在庫管理や注文対応と並行してカスタマーサポートも行っているものです。つまり業務の一環として対応することになりますから、運営者の負担も軽減する方向で設計、構築することが望ましいわけです。運営者からカスタマー側に連絡をする場合もあるので、注文や問い合わせの管理や問い合わせ状況の確認など、管理体制も含めて構築する必要があるでしょう。

勿論、個人情報はプライバシー完備が原則ですし、漏洩が発生しないように管理することが求められます。カスタマーとの連絡1つとっても、オンラインショップの構築は奥深くて検討することが沢山ありますから、ポイントを押さえて連絡方法を決めることが大事です。電話とFAXにメールの定番を始めとして、今ではSNSもあるので、用途や必要性を考慮して検討したいところです。