商品紹介でバイヤーの信頼を築く

商品紹介でバイヤーの信頼を築く

バイヤーにとって、お客様との信頼関係は重要です。お客様から信頼を勝ち取ると、「この人がおすすめしているから買う」という流れができます。商品の売れ行きが大きく変わっていきますから、信頼性は何よりも重要なポイントです。

商品紹介でバイヤーの信頼を築く

お客様から信頼されるバイヤーになるためには、商品紹介が大切です。たとえば説明を記した広告を配布するときにも、わかりやすい読みやすさを重視しなければいけません。具体的には難解な専門用語やカタカナ用語はなるべく使わない、相手が知っているであろうと仮定して説明を省かないなどなど、商品やサービスの魅力を子どもにもわかるぐらい丁寧に説明をすることが大切です。また説明をするときには、品質の素晴らしさにつながるメリットだけではなく、注意点となるデメリットも丁寧に説明することが大切です。信頼関係を築けていないお客様は、バイヤーの言葉が心に響いてきません。

品質が高い素晴らしい商品やサービスだとわかりやすく説明しても、穿った見方をされ信用してもらえないこともあるでしょう。売上を得たい立場である以上、マイナスのイメージにつながるデメリットはできれば話したくないものです。しかし不利になるデメリットも注意点として説明し、隠さず伝えることによって信用されるようになります。もちろん質問をされたときには、できれば言いたくないことでも正直に包み隠さず話すようにしましょう。答えがわかりきっているような質問でも丁寧に笑顔で説明すること位により、信頼性は高まっていきます。

さらに言葉で魅力を伝えるだけでは限界もあるので、お客様自身に体験してもらうことも重要です。たとえば食品なら味見をしてもらう、家具や家電製品なら実際に体験してもらう、サービスでも同じように自ら体験してもらうことで魅力がより伝わります。バイヤーにとって大切なことは、品質の高さを正確に伝えることです。信頼関係を築けていないときは言葉には嘘くささがやどり信じてもらえないこともあるので、それなら自身で体験し確かめてもらうことによって、言葉以上に魅力を伝えられるようになるでしょう。

コミュニケーションでは、相手の立場に立つことが大切です。何もわからない相手の立場に立ちながら説明をすることで、コミュニケーションが円滑になり信頼性も少しずつアップしていきます。築き上げるのが難しい信頼性を高めていくのは、バイヤーとしての能力が試されるポイントとも言えます。