コンテンツマーケティングにおける色彩心理学

コンテンツマーケティングにおける色彩心理学

色彩心理学の上では、様々な色が人間の心理や行動に影響を及ぼすことがわかっています。そのため、この仕組みを利用してホームページのデザインなどを行うことで、様々なビジネスを有利に展開することができる場合が少なくありません。ホームページのデザインをこの色彩心理学に基づいて設計することで、顧客の購買意欲を促進し、サイトによる売り上げを向上させることができると考えられています。

色が人間の行動に大きな影響を及ぼす事は科学的にも証明されており、ある実験によれば様々カラーの同じ機能を持つ製品の中で最も購入希望者が多かったものはその心理学に基づく購買意欲をかきたてるものと同じであったことから、その購買判断を決める重要な要素であることが立証されており、非常に科学的な根拠に基づいていることがわかります。また購買以外のその他の行動にも大きな影響を及ぼしていることがわかっており、非常に重要な役割を担っていると言うことができます。

コンテンツマーケティングの基本は様々なデザインやカラーリングの中でより購買意欲をかきたてる仕組みを導入することであり、商品の機能や品質よりもそのきっかけを生み出す様々な仕組みが重要視される事は言うまでもありません。そのため多くの場合には、そのための情報を十分に取り入れ、効果的に表現することが必要となってきます。その中でも重要となるのが、コンバージョンカラーと呼ばれるものです。コンバージョンカラーは人間の様々なアクションを決める上で重要なものであり、特に赤、黄、オレンジは非常にその中では非常に明確な行動を期待することができるものとなっているのがポイントです。逆に黒や茶、グレーといった暗いものは購買意欲を低下させる要素を持っており、この仕組みをコンテンツデザインに取り入れることが非常に効果的な方法となります。

コンテンツマーケティングでは、様々なデザインを利用し効果的に視覚に訴えることが重要なポイントです。多くの場合にはその寸法等が意識されることも多いのですが、それだけではなくカラーにも十分な意識を持つことが大切です。明るめの色が目立ちやすく、また気持ちを高揚させる効果もあることから単にショッピングサイトだけではなく、様々な情報を伝える上でも非常に強いインパクトを示します。日常生活でも重要なポイントを赤字で表現する事は多い理由はここにあり、強いインパクトを与えることができることからこの仕組みを効果的に利用することが、コンテンツビジネスで成功する秘訣となっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。