オンラインショップのデザインとカスタマーサービス

オンラインショップは近年伸びている分野であり、若者世代だけでなく幅広い年齢に受け入れられている新しい形の購入方法です。ですがたとえ良いものを販売したとしても他の人の目に留まらなかったり、顧客サービスが悪かったりした場合発展することは難しく、思うように売上が伸びなくなります。このようなことが起こらないようにするにはウェブサイト作り方はとても大事です。またサイトのデザインを見やすいものに変える、顧客サービスを見直し、どのようなサービスを展開していくかを考えなくてはなりません。

オンラインショップにおいては写真を多く使用しますが、売れやすいオンラインショップにするには訪れた人の動線を意識し、サイト内が回遊しやすいかどうか、購入ボタンやリンク先は目立っているかなどを見直します。デザインを考える上であまりにも奇抜な色使いにしてしまうと、人間はその場から立ち去りたいと考えることが多くなるため、できるだけサイト内にとどまってもらえるよう色彩にも注目します。自分だけが満足するようなウェブサイトの作りにならないように注意が必要です。ユーザーに動線を意識するにはナビゲーションバーを最上部に設定するのが良く、その商品の特徴やスペックなどは箇条書きにすると見やすくなります。回遊とは見てクリックし、利用するという一連の流れがスムーズにいくことを指しており、購入する画面に違う情報が掲載されていると購入に結びつかなくなってしまう恐れがあるので、余計な情報は載せないような構造にすることが大切です。

顧客サービスはオンラインショップには欠かせないものの一つであり、必ず設置をしておきます。必要なのは返品と発送ポリシーの提供、商品や注文に関しての質問方法、よくある質問をまとめたページ、商品に対してフィードバックを求めるコーナー、問題が発生した時に対処できるサポートセンターなどです。顧客サービスの一環としてメールマガジンを送信することも重要であり、いち早くその商品の情報をお知らせすることができますし、メールアドレスを知っておくことで商品の発送やお問い合わせ先を記入することもできます。クーポンコードなども載せるとよりそのショップを再度利用する可能性が高まるので、目を引くようなメールマガジンを送信することが重要となります。

オンラインショップは相手の顔がわからない分、より詳しい説明と使いやすさが求められます。細やかな気配りを顧客サービスに盛り込み、見やすさを意識したウェブサイトのデザインを展開するようにします。